オーガニックコットン・ギフト〜無農薬で栽培された綿・ベビー服、タオル、パジャマなど出産祝いのも最適!〜

TOP

オーガニックコットン

オーガニックコットンの 消費量が増えれば生産量も増える。
生産量が増えれば「土」は健康になっていく。
「土」が健康になれば環境も健康になっていく。
少しずつ住環境改善の手段として、少しでも未来へ良いものを残すようにするための手段として「オーガニック」は見直されはじめている。
「自然」は本当はすばらしいものなんだ!

【新着】オーガニックコットンベストセレクション

オーガニック・コットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。 栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。
オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となります。
この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。

オーガニックコットンは、無農薬で育てられます。
地球の環境に悪影響をちょっとでも減らそうという考えだからです。
ですから、オーガニックコットンの製品の多くは、綿を収穫した後、製品になるまでの様々な加工の過程でもケミカルな処理をなるべく少なくしようとしているものがほとんどです。

だから、オーガニックコットンの製品は、自然のままの風合いを残していることが多いのです。
人気blogランキングへ

Sponsored Link
人気コンテンツ まずはコチラをチェック

オーガニックコットン

普通のコットンを育てるには、非常に大量の農薬が使われています。
害虫を防ぐのはもちろん、コットンを収穫するためには、コットンの木の葉っぱを落さなくてはならないからです。
そのためには農薬なども必要になってきます。

もちろん、使われる農薬には国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも土地に与える影響は大きいといえます。


オーガニックとは、有機栽培のことです。
オーガニックコットンというのは、無農薬の畑で作られたコットンのことです。

一般的に、土中から農薬の影響が消えるのに約3年かかると言われています。
ですから、オーガニックコットンを作ろうと決めた農家は、まず3年間、農薬を使わない土地を用意し、それからやっと「オーガニックコットン」と呼ばれる綿を育てることができるようになるのです。

オーガニックコットンは、それだけ手間暇がかかるのです。

オーガニックコットンと普通の綿の違い

オーガニックコットンと普通の綿とのちがいとは何でしょう?
収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません。
普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。

では、どうやってオーガニックコットンがオーガニックかどうかを知るのでしょうか。

それは、綿の産出国(地域)の認証機関です。
畑をチェックし、オーガニックであるかどうかを何年もかけて見極めて、畑の収穫ごとに認証を与えるのです。
ですから、オーガニックコットンの製品は、必ず、調べれば、いつ、どこの畑でとれた綿を使っているのかがわかるようになっています。

人気コンテンツ まずはコチラをチェック


当サイトに関連している商品が在庫切れの場合や、お探しの商品が当サイトで見つからなかった場合は、楽天市場もしくはアマゾンでお探しください。

▼楽天市場で探す▼


▼アマゾンマーケットプレイスで探す▼


Sponsored Link

検索

もし何かありましたら、下よりお調べ下さい
サイト内検索 by Google

サブコンテンツ

スポンサー

潟Aバンテ-プリスティン


久米繊維工業


泣tレックス パジャマ屋

デート QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。